風俗嬢として働く上で、売れる子にはいくつかの特徴があるらしい。

ただ、その特徴があるからといって、必ずしも売れるとは限らないが。
あなたは売れる風俗嬢になれるだろうか。

まず、不安な気持ちを持って働き始めたという子は売れる可能性が高いらしい。
自分には自信がないけれど、頑張って働きますという一生懸命な真面目な子は良いのだそうだ。

傲慢さもなければ謙虚で、お客さん受けも良いのだ。

スタートがマイナスからだと自分では思っているので、少しでもプラスになれるようにと一生懸命頑張ることができるのが良いのだ。
実際スタートがマイナスだなんてことはないから、他の子よりも売れて当然なのだ。

実際に私が風俗店で働いていた時も、スタートし始めた新人時代が一番稼ぎやすい時でもあるというふうに感じた。

新人に興味をもって体験しに来るという男性が結構多いし、店側も新人に優先的にフリーの良客をつけてくれたりするものだ。

新人好きが多い証拠に、たとえばよるともネットの上野風俗でも新人情報を探すことができるような機能がわざわざ用意されている。

また、とにかく稼ごうという気持ちのある子も良いのだとか。
こういう子は、働く理由、目的を明確に持っている。
だから、そこへ向かって頑張ることができるのだ。

自分への分析にも一生懸命で、どうすれば売れるかを真剣に考えて思った通りに行動することができるのだ。

風俗嬢は話はじめが肝心

風俗嬢として売れるためには、まずは会話力を身につけることが重要だ。

体だけを武器にすれば良いという訳ではない。

基本的には1時間から2時間くらいの時間をお客さんと過ごすことになる。
その間全部を体を使って相手をするのではとてもとても体がもたない。

会話の際には色々な切り口の引き出しを作っておくべきだ。

最初から話好きなお客さんで、向こうから話しかけてくるのなら苦労はないが、もちろん何も話してこない人もいる。
実際のところ、話すことなんて何でも良いのだが、何を話そうかと悩んでもじもじしている、無言でいるというのが一番最悪なパターンだ。

今日は良い天気ですねーでも、たわいもないことで良い。

そこから色々な話題をひねり出す。

私が風俗嬢を始めてからよく先輩に勧められたのが、お客さんの持ち物に対してコメントすることだった。
例えば、携帯のストラップを見て、これって○○ですか?かわいい~!とか。

お店に入ってきて、携帯をポケットから出すお客さんが結構多いからだ。

お客さんの行動を見ていて一番最初に目に止まるのが携帯電話だったりするのだ。

電源を切っておいたり、マナーモードに設定しておくという客も結構多い。

最近はストラップなんてつけていない人も多いから、携帯のカバーだったり機種について聞くのでも良いだろう。

こんな感じで先輩からアドバイスをもらえることも多かったし、やはりお店の女の子と仲良くできる子というのも稼げるようになる一因になるかもしれない。

ただ、先日読んだ新宿風俗求人QTの記事では、最近の女の子は同僚と話すのを嫌がって車待機とかを希望するコが多いとか。

もちろん女の子同士のトラブルを避けるには一番だと思いますが、ちょっと寂しい感じもしますね。